「迅雷スパーク」からゲノセクトGXとマグカルゴGX登場!

   

こんにちは、ネロ=レイです。

公式サイトの一緒に使いたいカードからXYのカードが紹介されなくなってくると、いよいよレギュレーション変更が近づいてきたことを実感しますね。私としてはマスキッパやヤドキングに圧倒される身内環境から早く解放されたいところです。

そんなことを言っておきながら自分もまだまだスタンのデッキを組んでいるわけですが、そろそろSMレギュの練習も増やしたいですね。

ところで2週間後に発売の「迅雷スパーク」に収録されるポケモンGXが新たに2体公開されましたね。どちらも特性が面白いカードです。

新ポケモンGX

マグカルゴGX

マグカルゴのこのどこか抜けてる顔、結構好きです。

特性「クラッシュチャージ」は自分の番に1回使え、山札を上から1枚トラッシュし、そのカードが基本エネルギーだった場合に自分のポケモンに付けます。

トップ操作はマオや、GXでない特性「じならし」のマグカルゴで解決できます。

他のタイプの加速役に置くには逃げエネ3の1進化GXは重たいので、やはりマグカルゴGX自身に加速したいですね。複数のマグカルゴGXを立てれば、その分多くエネルギーをつけられます。

炎炎無「ようがんりゅう」はこのポケモンについている基本エネルギーを好きなだけトラッシュし、その数×50ダメージを元の50ダメージに追加します。

3エネで200ダメージも狙える高火力を誇りながら、相手のポケモンに合わせて打点を調節できる柔軟さも併せ持っています。バーニングエネルギーが使えない点には注意しましょう。

エネルギー加速は自身の特性やバクガメスGXの「ニトロタンクGX」などが考えられます。XYまで含めると鍛治屋が使えますね。

エネルギーをトラッシュした後は、ビクティニ♢の「インフィニティ」で高火力を出しつつデッキに炎エネルギーを戻してあげることもできますね。「クラッシュチャージ」によって鍛治屋が使えなくなった後のビクティニ♢の隙を補ってくれます。

GXワザ「マッグバンGX」は炎エネルギー1つで使え、相手の山札を上から5枚トラッシュします。貴重なリソースを削ったり、相手のデッキが5枚以下ならばライブラリーアウトも狙えます。バクガメスGXを入れるときはGXワザをどちらに回すかよく考えましょう。

ゲノセクトGX

ビリジオン、マグカルゴと来ていたので勿論来ますよね。ゲノセクトGXです。

特性「ダブルカセット」により、通常1枚しかつけられないポケモンのどうぐを2枚つけることができます。

こだわりハチマキ×2や鋼鉄のフライパン×2など通常ではありえないような強化を施すことができます。マギアナの特性「きせかえ」で軽石なども使い分けたいですね。突然ハッスルベルトが出てきたら驚きそうです。

鋼鋼無「さくれつだん」はデメリットのない130ダメージ。こだわりハチマキを2つ持たせることで190ダメージが無反動で放たれます。少々エネルギーが重たいのでジバコイルの特性「マグネサーキット」やソルガレオ♢の「ライジングスター」で加速してあげましょう。

同じ要求エネで使えるGXワザ「ブレイクバスターGX」は抵抗力を無視して190ダメージ。こだわりハチマキ×2で250ダメージまで叩き出し2進化GXもワンパンです。

「さくれつだん」で打点が足りない場合にはこちらを使いましょう。

 

特徴的なGXが多くてデッキを考えるのが楽しみですね。

画像元

 - カード , ,