【デッキレシピ】ポケセンウィンターバトル鋼シルヴァディ

   

こんにちは、ネロ=レイです。

土曜日にポケモンセンターで行われたウィンターバトルに、友人達と参加してきました。

サンムーンレギュは初めてでデッキが回るか不安もありましたが、なんと8戦8勝という好成績でグズマを2枚ゲットできたので、そのときに使ったデッキを紹介したいと思います。

デッキレシピ

ポケモン

  • シルヴァディGX×3
  • タイプ:ヌル×3
  • カミツルギGX
  • テッカグヤGX
  • レジスチル
  • カプ・テテフGX
  • ヤレユータン

計11枚

エネルギー

  • 鋼エネルギー×8
  • ダブル無色エネルギー×4

計12枚

サポート

  • シロナ×3
  • リーリエ×3
  • マーマネ×2
  • ククイ博士
  • マオ×2
  • グラジオ
  • ポケモンだいすきクラブ×2
  • アセロラ×2
  • グズマ×3

計19枚

グッズ

  • ともだちてちょう
  • ハイパーボール×4
  • あなぬけのヒモ
  • レスキュータンカ×2
  • フィールドブロアー×2
  • エレクトロメモリ
  • サイキックメモリ
  • ファイトメモリ×2
  • ファイヤーメモリ×2
  • こだわりハチマキ×2

計18枚

解説

サン・ムーンレギュにどんなのが多いのか予想できなかったため、強そうなGXの弱点を突くことを考えた結果シルヴァディGXを使用しました。

各種メモリでカバーしきれないタイプを補完するように組み合わせるタイプを選んでいきます。

メモリで弱点を突けないのは草・水・悪・鋼・妖弱点です。具体的には、

  • 草弱点・・・アシレーヌGX、ラプラスGX、ルガルガンGX2種
  • 水弱点・・・ホウオウGX以外の炎タイプ
  • 悪弱点・・・ルナアーラGX、R団のミミッキュGX、月食ネクロズマGX
  • 鋼弱点・・・グレイシアGX、アローラキュウコンGX、フェアリータイプ
  • 妖弱点・・・ドラゴンタイプ

といった感じです。

鍛治屋やボルケニオンEXのいない環境であり、炎タイプを重く見る必要もないと考えまず水タイプは切りました。草タイプはシルヴァディGXと組ませたいポケモンがいなかったので却下。悪タイプにはゾロアークGXという汎用ドロソがいるのでそちらも入れたかったのですが、持っていないので断念。フェアリータイプはピンポイントすぎるので不採用。最終的に、新弾のグレイシアGXや、超ブーストエネルギーで強化されたサーナイトGXが怖いので鋼タイプに落ち着きました。

シルヴァディGXでは殴るのに少なくとも2ターンを要するので、「ターボドライブ」が使えない場合にはレジスチルの「ターボアーム」で場を誤魔化し繋ぎます。

グレイシアGXを見たいならカミツルギGX+こだわりハチマキで事足りるのですが、サーナイトGXまで考えるとテッカグヤGXの「ロケットフォール」が欲しくなってきます。闘抵抗でHP200であること、等倍相手を「ブラスターGX」でゴリ押せることも評価して鋼UBを2体とも採用しました。まあグレイシアGXもサーナイトGXも当たらなかったんですけどねw

シェイミEXなんて便利なものも無く、ゾロアークGXを入れないとなるとドロソに乏しいかと思い、ヤレユータンも採用しましたが、想像以上に活躍してくれました。オカルトマニアのない環境なので、GXばかりに殴らせているとフーパの「バンデットガード」やアローラキュウコンの「ひかりのけっかい」が重くなります(後者はレジスチルで相手できないこともありませんが)が、この2匹は3エネ要求かつHP120以下なので、ヤレユータンの「サイコキネシス」で落とせるんですよね。

ヤレユータンが入ったことでマオも自然に入りました。フウロやポストの代わりにメモリをサーチしてくれます。

感想

サン・ムーンレギュはスタンレギュに比べて平和ですね。バトサもバトコンもシェイミEXもありません。スタンで自分が使っていたデッキの長所・短所が浮き彫りになるので、スタンレギュ専門の方も一度サン・ムーンレギュに触れてみてはいかがでしょうか。

 - カード , , ,