発売間近!GXバトルブーストに収録される新規カードを解説!

   

こんにちは、ネロ=レイです

今回は、いよいよ今週末に発売を控えたハイクラスパック「GXバトルブースト」に

収録される新規カードを解説していきたいと思います

タイプ違いのカードも紹介していきますよ!

ポケモン

オニシズクモ

(画像はありません)

特性「すいほう」を持ったオニシズクモが今度は草タイプで登場するようです

この特性を持っていると、炎ポケモンからのワザのダメージを一切受け付けません

現在のスタンレギュにおける草タイプはほとんど炎弱点なので、炎ポケモンは

大の苦手でしたが、このオニシズクモで戦えばいい勝負ができそうです

特性なので、「オカルトマニア」などで特性を止められると攻撃されてしまいますが、

逆に言えば、このオニシズクモで炎デッキを相手にしているときは、相手もまた

何らかの対処をしなければならないということです

そこを上手く活かした構築を組みたいですね

マギアナ

(出典:ポケモン公式Twitter

特性の「きせかえ」が便利です

自分の番に一回、自分の場のポケモンのどうぐを手札に戻します

ポケモンに別のどうぐを付けたり、プラターヌ博士を使う前に適当なポケモンに

付けたどうぐを回収したりといった芸当が可能です

特にM進化ポケモンはMシンカ後にはソウルリンクが不要になる場合が多いので、

ソウルリンクを戻して他のポケモンに付けたり、M進化ポケモンに他のどうぐを

付けたりすることがでるので相性が良いです

実は、同じような効果の特性を持つポケモンにマニューラ(XY11)がいます

あちらは回数制限がありませんが、1進化ポケモンであり、デッキスペースを圧迫しがちでした

それに対しマギアナは、毎ターン1回しか使えませんがたねポケモンであり採用しやすいです

どうぐを戻す特性は使っていて楽しいので、是非面白いデッキを作ってみてください

イーブイ

(出典:ポケモン公式Twitter

イーブイも新テキストで登場です

HPは60と標準クラスで、逃げエネも1と「エナジーしんか」のイーブイ(SM1)より少ないです

ニンフィアGXや、エーフィGX、ブラッキーGXなどイーブイの進化形を

メインとしてデッキを組むなら「エナジーしんか」のものを採用した方が良いのですが、

いわゆるエフェクトブイズとして採用する場合はこちらの方がよさそうです

ワザもダブル無色エネルギー一つから打てて、自分のベンチのタイプの数×10ダメージと

進化前にしては火力が出ます

エフェクトブイズをよく使われる場合は手に入れておきたい一枚ですね

アローラナッシー

(出典:ポケモン公式Twitter

GXではない通常のアローラナッシーの収録です

イラストのサイズが半分になってさらに狭そうですね

HPは1進化にしては高めの130、逃げエネは3と重めです

このカードの最大の特徴は上ワザの「ナッシーパラダイス」でしょう

リージョンフォームのポケモンらしくエネルギー無しで使えて、

自分のベンチのタマタマを好きなだけアローラナッシー(GX含む)に進化できます

タマタマは活力剤やレベルボールがあるのでサーチしやすいのでこのワザですぐに

進化させればベンチが頼もしくなります

下ワザの「たまなげりゅうせいぐん」はこのポケモンについている草エネルギーの数分

コインを投げてオモテの数×80ダメージのロマン溢れるワザ

使うのに必要なエネルギーも草エネルギーだけで非GXとしては良いワザです

草エネルギーが多ければ多いほど期待値の高まるワザなので、

「みつりんのぬし」のフシギバナと相性が良いです

GXのアローラナッシーもフシギバナと相性が良く、巨大植物の森や活力剤も共有できます

コスモッグ

(出典:ポケモン公式Twitter

ワザが「テレポート」に変わりましたね

次元の谷込みで0エネで使え、コスモウムと同じくベンチに引っ込みます

初手コスモッグスタートだったときにコスモッグを引かせたいときに有効なワザです

カプ・テテフ

(出典:ポケモン公式Twitter

「マジカルスワップ」のカプ・テテフがタイプ違いで登場です

超タイプではないので、次元の谷には対応していませんが、フェアリータイプには

「フェアリートランス」を使えるフレフワンがいるので、奇襲性能は健在です

サーナイトGXの「ひみつのいずみ」でも加速できるので、フェアリーデッキでの

活躍の場は十分にありそうです

トレーナーズ

エレクトロメモリ・ファイヤーメモリ

(出典:ポケモン公式Twitter

シルヴァディGXのタイプを変更する新しいメモリの登場です

今回追加されるのは雷と炎ですね

雷タイプは「フラッシュエネルギー」で弱点を消したり「うねりの大海」の恩恵を

受けたりできるようになります

また、「リベリオンGX」に頼らずともMレックウザEXをワンパンできます

炎タイプはシルヴァディGXでは「バーニングエネルギー」やボルケニオンEXの恩恵を

受けることはできませんが、「鍛冶屋」の対象にできます

シルヴァディGXの特性はボルケニオンデッキと相性が良いので、炎デッキにも

入れやすくなった感じですね

また、無色だけでまともな火力の出せる炎タイプはシルヴァディGXくらいなので

相性補完目的でも入れることができます

やはり弱点を付ける範囲が広がるのは強いですね

 

再録カードだけでなく新規カードにも面白いカードが沢山あって発売が待ちきれませんね

以上、GXバトルブーストの紹介でした

 - カード, 未分類 ,