ピカ・ブイの翌週にポケモンGXのイーブイズ集結!

   

こんにちは、ネロ=レイです。

ポケカは先日「ダークオーダー」が発売され、ポケカの日や新弾バトルなどのイベントがありました。これらのイベントに参加するのにも抽選を通る必要が出てきたので、最近のポケカの人口爆発を身近に感じることができます。

ところで11月のポケカといえば、強力なカードが多数収録される「GXウルトラシャイニー」が話題ですが、それとは別に23日には新スターターセットが3種類発売されます。

「炎のブースターGX」「雷のサンダースGX」「水のシャワーズGX」

ついにポケモンGXのイーブイズが出揃いましたね。イーブイGXのイラストがそれぞれ異なっているのも面白いです。

各進化後が2枚、イーブイGXが1枚という配分で、必須トレーナーズも増量という文言が付いています。スターターセットとはいえ期待できそうですね。(まあ、買えなさそうですが・・・)

一部見えないテキストもありますが、判る範囲で感想を述べたいと思います。

イーブイGX

特性「かくせいDNA」は本来イーブイから進化するポケモンを、このイーブイGXに重ねて進化できるというもの。ただし最初の番や、出したばかりの番は除きます。

イーブイGXはイーブイとは別名カードなので、イーブイやメタモン♢も含めて進化ラインを9枚確保できることになります。イーブイズのみでデッキを組むこともできそうすね。

さらに通常の進化と異なり、進化させる前にHPを全快させるので、ダメカンをばらまいてくるデッキにも強いです。特性を止めてダメカンをばらまいてくるグレイシアGXには弱いですが。

無無無「ブーストダッシュ」は100ダメージ。ワザの効果はありません。

進化元としての運用がメインになるので、あまり積極的に使いたいワザではありませんが、一部の進化形よりわずかに高いダメージを前に出したい場面があるかもしれません。「こんなワザも持っていたな。」程度に留めておきましょう。

GXワザ「ハッピーメーカーGX」は自分のトラッシュから好きなカードを3枚手札に加えるもの。イーブイGXのままでは耐久力に不安がありますが、無色1エネ起動という点から進化形にメモリーエネルギーをつけて使うことができます。リソースを回収する効果自体は強力なので、「ナイトクライGX」や後述の「ヒールシャワーGX」など相手によってGXワザが腐る場合の選択肢として頭に入れておくと良さそうです。

ブースターGX

おそらく今回の4匹の中で一番分かりやすい強さを持つポケモンです。

まず目を引くのがHPです。今までのブイズGXは全員200だったHPが、ブースターGXは210となっています。

1エネ「ヒートステージ」は30ダメージを与え、手札の炎エネルギーを3枚まで自分のポケモンに好きなように加速できるワザです。

イーブイお馴染みの「エナジーしんか」と相性の良い1エネワザで、火打石も使えば後1から自分や後続のアタッカーを準備できます。

炎炎無「ぐれんのほのお」は190ダメージを出して自分の炎エネルギーをトラッシュするワザです。肝心の個数が見えませんが「ぐれんのほのお」ならば恐らく2個でしょうか。

素のダメージが大きいのでほとんどのたねGXはアイテム無しで落とせます。こだわりハチマキを使えば1進化GXも落ちますね。

ダメージも強力ですが炎エネルギーをトラッシュするのでビクティニ♢の「インフィニティ」や自分のGXワザとかみ合っているところがさらに強いです。

そしてGXワザですが・・・名前が隠れてますね。1エネで使えて自分のトラッシュの炎エネルギーの数×20ダメージといったところでしょうね。ヒートファクトリー♢や自分の「ぐれんのほのお」を使うほどに火力が増していきます。こちらもトラッシュするという意味で火打石と相性が良いです。

特性を持たないためマニューラに弱くないのも好評価です。

サンダースGX

サンダースGXは、上の画像だと隠れていますが逃げ0です。ワザエネも含めた身軽さがサンダースGXの強みです。

雷「エレキバレット」は前に30後ろに30の「ジェットパンチ」のようなワザです。「エナジーしんか」により後1から使える点も似ていますね。

マッシブーンGXとは異なり、雷タイプなのでエレキパワーに対応しています。デンジもあるので後1から前のHP60を狩るのは容易でしょう。

雷無「ヘッドボルト」は110ダメージのみで効果はありませんが、ワザエネが軽いです。サンダーマウンテン♢により1エネで使えるので、ルチアを使えば後1の負荷としてはブイズ最強と言っても良さそうです。

相手に応じて「エレキバレット」を使うか「ヘッドボルト」を使うか柔軟に立ち回れます。

GXワザ「スピードランGX」は「ヘッドボルト」を同じエネ・ダメージですが、次の相手の番にワザのダメージや効果を受けないという特典が付いてきます。

1ターンワザを喰らわないだけでもかなりのアドバンテージを稼げるので、タイミング良く使って盤面を有利にしたいですね。

スピードは一流ですが、パワーが足りないのでこの欠点をどう補うかが構築の鍵となりそうです。

シャワーズGX

今回最も反応に困ったであろうシャワーズGX。HPは210あるので耐久力で勝負です。

特性「うるおいのしずく」はバトル場の水ポケモンのHPを30回復します。シャワーズGXが4体いれば毎ターン120回復できることになりますね。

ブイズにはシャワーズGX以外にもグレイシアGXという強力な水ポケモンがいます。グレイシアGXはバトル場に長く留まりたいポケモンなので、そのグレイシアGXを回復できるシャワーズGXとの相性は良いように思えます。

ワザ「ハイドロポンプ」は基礎ダメージ40に、付いている水エネルギーの数×30ダメージを追加します。水エネ3枚で130出せるので、グレイシアGXがやや苦手とするHP130の非GXに対して強く出られます。

一応さらにエネルギーを付けられればGXもワンパンできますが、メインとするには効率が悪いです。グレイシアGXの打点をカバーする方が活躍しやすいように思えます。

もしメイン起用するならヌオー+アーゴヨンなどのサポートは必須です。息切れしないようデッキを組みましょう。

GXワザ「ヒールシャワーGX」は自分の水ポケモンのHPを全快させます。ダメカンばらまきに対して効果的なので活躍する場面はあるでしょう。非GX相手に「ポーラースピアGX」は要りませんしね。

 

新商品の入手が難しい時代ですが、どれも魅力的なカードばかりです。頑張って新カードを手に入れましょう。

 - カード , ,