【名古屋CL使用デッキ】アオギリウルトラネクロズマ

   

こんにちは、ネロ=レイです。

昨日名古屋にて開催されたチャンピオンズリーグに、私も友人達と参加してきました。

残念ながら予選でドロップしてしまったため結果を残すことはできませんでしたが、その後のサイドイベントやフリー対戦で初対面の方々と楽しく対戦できたので、思い出に残る一日となりました。

今回私が使ったデッキは、カラマネロもメタグロスもいない、アオギリウルトラネクロズマです。

一風変わった構築ですが、今回上位を独占したマッシブーンGXとも十分戦えるものになっています。

デッキレシピ

デッキコード:NgHgLN-hq2xKD-PLi6iL

ポケモン

  • ウルトラネクロズマGX×3
  • カミツルギGX
  • ミュウ×4
  • カプ・テテフGX×2
  • ヤレユータン(さいはい)
  • ミロカロス(エナジーグレイス)

計12枚

エネルギー

  • 基本鋼エネルギー×5
  • 基本超エネルギー×8

計13枚

サポート

  • プラターヌ博士×2
  • シロナ
  • N
  • アオギリの切り札
  • センパイとコウハイ
  • グズマ

計7枚

グッズ

  • バトルサーチャー×4
  • バトルコンプレッサー×3
  • ミステリートレジャー×4
  • ハイパーボール×4
  • ピーピーマックス×4
  • ビーストリング×3
  • フィールドブロアー
  • エネルギーリサイクル
  • かるいし×3

計27枚

スタジアム

  • パラレルシティ

計1枚

解説

ミロカロス・ピーピーマックス・ビーストリングの3種で「フォトンゲイザー」を連発します。

カラマネロ型と比較した時のメリットとして、ベンチを圧迫しない、ミロカロスの特性によりビーストリングの発動条件を満たしやすい、後攻ワンキルを決めやすいなどがあります。

逆にデメリットとして、アオギリの成功率を高めるためにサポを絞ったため、グッズロックに更に弱くなっていることが挙げられます。

初手はミュウでスタートしたいので4枚積んでありますが、場に出て戦うのは2枚、多くて3枚です。相手と状況を見て不要と判断したら残りのミュウは早期にトラッシュします。

ミュウの「フォトンゲイザー」は弱点を突けるので、超弱点のEX・GXは狙い目です。超エネ1枚トラッシュで200ダメージを与えていきましょう。

中盤以降はウルトラネクロズマGXが直々に殴りに行きます。ビーストリングやミロカロスで「フォトンゲイザー」を準備し、サイドレースで逃げ切ります。

序盤から殴りにいくためサイド奇数戦になることも多々あります。そのため、サイドが残り一枚になった場合はカミツルギGXの「スラッシュGX」で詰めにかかります。

「フォトンゲイザー」使用後のミュウがそのまま「スラッシュGX」を使えるため、ミュウをスルーして後ろのウルトラネクロズマGXを処理するルートを取らせない役割もあります。

戦績

1戦目 VSマッシブーンGX+ルガルガンGX 勝ち

仮想敵です。初手カミツルギGXスタートだったので焦りましたが、なんとか先攻2ターン目でマッシブーンGXをワンパンし、順調にグズマでイワンコを狩って「スラッシュGX」でフィニッシュ。こちらのNでお相手が事故ったようなのも大きかったと思います。

2戦目 VSオンバーンGX+ダストダス 負け

恐れていたグッズロック。さらに初手テテフスタートと厳しい展開になりました。ウルトラネクロズマGXが軽石を貼れないまま縛られ、ビーストリングも許されないままオンバーンGXに壊滅させられました。

3戦目 VSオーロット 負け

2連グッズロックで心が折れそうでした。練習の時はなるべくウルトラネクロズマGXで打ち合うようにしていましたが、その彼はサイドに2落ち。グッズを止められたままサイレントフィアーで壊滅です。

4戦目 VSルガルガンGX+ゾロアークGX 負け

ビーストリングを警戒して動いてきたので、ミロカロスを立てたかったのですが、残念ながらサイド落ち。火力不足で殴り負けてしまいました。

感想

グッズロック相手に勝ち目はありません。もっとマッシブーンGX狩りたかったなあ・・・

早期にドロップしたので、サイドイベントに参加してエーフィGXを貰えたのがせめてもの救いです。

カラマネロを抜くきっかけとなった友人はより独創的なデッキで結構勝てていたので、対戦相手の方の驚く様子を見られて面白かったですね。私がミュウに2エネ貼ってマッシブーンGXをワンパンする一方彼は0エネヤドキングでマッシブーンGXをワンパンしていました。

機会があれば彼のデッキも紹介したいですね。

 - カード , , ,